スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"ロンドンは夜8時 (LON 8PM - TYO 4AM)" TAG meets "eimy"

Dance Dance Revolutionが稼動してからじきに2ヶ月が経とうとしています。
今回は、稼動から少しした頃にふと思いついたことの話。

さて表題の"ロンドンは夜8時"ですが、
DDR2013のデフォルト収録の版権8曲の中では唯一、カバーアーティストが書かれているカバー曲です。
他はオリジナルがそのまま入っているか、あるいはアーティスト名無表記でのカバーになっています。

この曲のオリジナルはLondon Elektricityというイギリスのクラブトラッカーの作で、
2011年にリリースされた"Yikes!"というアルバムの"meteorites"という曲を、
日本盤リリースにあたり日本語にしたものです。

ですが、タイトルを見ても分かるとおり、"meteorites"と"ロンドンは夜8時"とは、
歌詞としては直接の関係はありません。
"meteorites"はSF的な内容であるのに対し、"ロンドンは夜8時"はクラブ・ダンスフロアが歌詞の軸となっています。

曲としてはサイバーかつロマンティックなリキッド・ファンクとなっており、
要所で付点8分のシンセが印象的に明滅します。
(リキッド・ファンクについては個人的にはオシャレなドラムンベースという理解ですが合ってるかな)

ここまでがオリジナルについての説明です。

DDRでのカバーとしては、曲のエッセンスである付点8分のシンセは残され、
きらびやかなシンセが乱舞するハイスピードなユーロビート調にアレンジされています。
ややフラットな印象のオリジナルに対し、シンセにより曲に上手い具合に緩急がついた印象があります。

歌詞内容を知っていればニヤリとするジャケットの配置や、
曲調を反映したようにステージがダンスフロアになっているのも面白いポイントですね。
スポンサーサイト
 

プロフィール

 

imit8or

Author:imit8or

 

ブログ内検索

 

 

最近の記事

 
 

カテゴリー

 
 

ブックマーク

 
 

カレンダー (月別)

 

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

最近のコメント

 
 

最近のトラックバック

 
 

RSSリンクの表示

 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。