スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUIKA CRASH (2009/06)

何故縦連打イベントなのにスイカ割りなのか?
という疑問は、現プレイヤー層では若すぎて分からないのではないだろうか。

ファミコンが全盛を極めていた頃、高橋名人、という有名人がいた。
この高橋名人の特技が、1秒にボタンを16連射できる、というもの。
それに関連して、こんな映像も残っている。

高橋名人のスイカ割り (YouTube)

一点集中による連打で、スイカを割るという動画である。
そう、一つのボタンを連打する。イベントの由来はここにある。

近年BADはまりや個人差の強さから嫌われがちな要素である縦連打。
それも特にこの頃は淘汰されがちな要素である。
あえてそれを前面に押し出し、そのマッシブさを競うのが本イベントであった。

得点での優勝はルゼ氏によるWall Battle、平均でのトップは山田名人によるTangeline Dawn。
どちらもゲーム性を強く意識し、片や力業で、片や技巧で乗り切るテクニックの必要なBMSであった。

7鍵に慣れた御仁たちは千差万別の縦連打に腕を攣らせただろうか。
1レーンの配置が延々と続く譜面は、密度が低ければ初心者のための易しい配置であり、
密度が高ければ今回のように上級者をも叩き潰す凶悪さを誇る二面性を持つ。

同じ音でも違うレーンに配置されることが多くなっている時代である。
しかしこのイベントは改めてレーンの重要性を確認させてくれるものであった。
スポンサーサイト
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://monoglider.blog22.fc2.com/tb.php/1083-bafe0f60
 

プロフィール

 

imit8or

Author:imit8or

 

ブログ内検索

 

 

最近の記事

 
 

カテゴリー

 
 

ブックマーク

 
 

カレンダー (月別)

 

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

最近のコメント

 
 

最近のトラックバック

 
 

RSSリンクの表示

 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。