スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプレッションの話

ほんの思いつきですが、私が見聞きしたbmsのインプレッションに関するメモを少しばかり。
たった一つでも、作者はあなたのインプレッションを望んでいる、かもしれない。

基本的にはその作品に関するものであればどんな意見でもOK。
ですが、相手を不快にさせないよう、最低限の心づかいは必要です。
うっかり変なことを言ってしまったらどうしよう?と考えると、なかなか投稿しにくいものです。

では、どこに気をつけるべきか?
ポイントは、「自分が言われたときにどういう印象を受けるか考えてみる」こと。

たとえば、印象が悪い言葉はそのまま使わない。

うるさい、だと印象が悪いので、「耳に痛い」と言いかえる。
メロディセンスが悪い、だと印象が悪いので、「メロディに違和感がある」と言いかえる。
そもそも「悪い」という言葉自体印象が悪いので、「良くない」と言いかえる。

言い方一つでぐっと印象が変わってきます。
あとは、良くないと思ったけど我慢できるくらいのことなら、あえて言わない、という手もあります。

たとえば、良いところと悪いところがある。
どちらを先に(後に)言うのがいいのか?

良いところを後に言った方が、相手に与える印象は良いんだそうで。
なので、「ここは直してほしい。でも、ここはすごく良かった」といった言い回しをする。
つまり、欠点をフォローするように立ち回るのがいいようです。

たとえば、下手にうまいことを言おうとしない。
技術的なことは他のもっと詳しい人がフォローしてくれるかもしれません。
だから、自分が「おっ」と思ったことだけをピックアップすればいいんです。

言いたいことが見つからない、でもインプレッションはしたいとき。
素直に「言葉が見つかりません、でもインプレッションしたかった」と言えばいいんです。
特にすごい曲だったりすると、本当に言葉が見つからないことも十分にありえるんですから。

イベントだと、そのインプレッションひとつの点数で勝敗を分けることもあります。

大事なのは、「そのbmsをプレイして、なにかしら思ったことがあったから伝えたい」という気持ち。
伝えたいことがあるなら、そのまま伝えれば良いと、私は思います。
形になれば、きちんと相手に届きます。伝えてあげてください。
BOF2010が開催中なのだそうで、こんな記事を一つ。
bmsをプレイする頻度はずいぶんと減りましたが、少しは気になるものです。

今回は全て落とすと6GBを超えるのだそうで。
HDD(60GB)もCPU(512+256MB)も前時代のものですので、最新鋭のハイスペックなbmsはきっとガタつくのだろうなと、
10年ほど前に直面していた問題が再浮上してきて苦笑します。

300曲弱程度の登録なのだそうで、
それだけの曲を全て落とし、聞き、ないしプレイし、精査し、
インプレッションを投稿するのは大変な労力でしょうね。

そしてそれができるのは、bmsを本当に愛している方たちだけです。
本業に支障をきたさないよう気をつけながら、頑張ってください。
健闘を祈ります。
スポンサーサイト
 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://monoglider.blog22.fc2.com/tb.php/1117-9ef471cf
 

プロフィール

 

imit8or

Author:imit8or

 

ブログ内検索

 

 

最近の記事

 
 

カテゴリー

 
 

ブックマーク

 
 

カレンダー (月別)

 

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

最近のコメント

 
 

最近のトラックバック

 
 

RSSリンクの表示

 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。